July 1 2005

「カルマ」が全てを導いた! - ヤーマ・カーマ

カレーブインタビュー一発目は、シンジが「東京一うまい」と思っているヤーマ・カーマの店長山川さんをお伺いしました。超ローカルな雪谷大塚の地でひときわ賑わう本格インドカレー屋の深部に迫りました。

  • ○ヤーマ・カーマを始めたきっかけはなんですか?

スパイシーチキンカレーもともとインドがすごく好きだったんですよ。もちろんスパイスにも興味があったし、そして何よりカレー作りが好きだったんですよね。その頃はデザイン関連の仕事をしてて、それも職人的なところは好きだったんですけど、やっぱりお客さんが見えない不満があったんですよね。

その頃、休日に人を呼んでカレーを作っているたびにお店を出したら?と言われるようになったんですよ。でも、全くのど素人だから無理だろうって思っていましたね。

ただ、ある時期から変わったんです。なんですか、カルマっていうんですかね。自分の心が動いたときに周りに人が集まるようになってきたんですよね。

そして、周りの人に背中を押されてとりあえず会社を辞めちゃったんです。それから1年半、プレゼンや試食会を何度もやって、なんとか資金を工面できたので、2000年11月にオープンできたんですよ。

いや〜、でもオープンした頃は定休日がなかったから、最初の1ヶ月くらいはお店に寝泊まりして、ずっと仕込みなんてこともありましたね。今思えば、修行みたいなもんでした。メニューは3種類(キーマ、ビーフ、チキン)しかなかったんだけど、仮眠→準備→ランチ→用意→仕込み→仮眠の連続でした。
立地はあまり良くないから、お客さんもあまり来ませんでしたけど、逆に来られても困るくらいの忙しさでしたね。

  • ○今までで一番うまいと思ったカレーを教えてください。

25,6年前に山形から東京に出てきたときに、初めて食べたインドカレー、中村屋のコルマカレーですね。その頃からそのカレーに近づけたいという研究を重ねていました。

あとは、10年くらい前によく行っていた高円寺の定食屋ポパイのカツカレーですね。店のオヤジはカレーに自信があるらしく、かなりうまかったのを覚えています。

  • ○うまいカレーを作るポイントって何でしょうか?

スパイシーチキンカレーお客さんにおいしいものを食べてほしいという「気持ち」ですね。野菜一つとっても、いつも違う味ですから、それに合わせてスパイスのさじ加減を変えたりね。お客さんにカレーを出すのも一つの出会いですし、大切にしていきたいですね。

  • ○カレーブより

お忙しい準備の時間にインタビューのために時間をいただきましてありがとうございました。一つ一つの言葉に気持ちを込めて話される山川さんはオープンするときに人が集まってきたと言われていましたが、逆に山川さんのカレーに対する情熱が人を引きつけてやまないのだと感じました。

全てを変えるカルマの力、よし!今年の夏はやっぱりインドに行こう!(シンジ

  • ○お店データ

ヤーマ・カーマ
ヤーマ・カーマ
電話:03-5754-7878
住所:東京都大田区南雪谷2-1-12 [地図]
定休日:月休
営業時間:11:30〜14:30、18:00~23:00(日曜日は22時まで)
HP:なし

バックナンバーはこちら