October ,2005
渋谷エリア

ムルギー

Body

電話:03-3461-8809
住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-2
定休日:金休(木曜は昼のみ)
営業時間:11:30~15:00、16:00〜20:00
HP:なし

渋谷の老舗カレー屋といえば、ココ!!ラブのメッカ円山町の入り口に佇むれんが造りのお店。


ムルギーカレー(950円)
ビルマ仕込みの、他に類を見ないビルマカレー。どこの山かわからないが、ライスは天に向けて鋭く尖っているのが特徴。カレーは一種類、迷う暇を与えない。卵入れるの?入れないの?って感じだ。
店員は2種類。ばあさんと、おばさん。ばあさんのときはカレーが焦げている可能性があるから注意!!おばさんのときは当たり、安心して食べましょう。
甘口にも50円、辛口にも50円、卵にも50円を均等に取る喧嘩両成敗的なココのカレーは日本男児としての気概を感じます。感服。あ、でも店員は女性だけですね。(初代マスターは既に他界していらっしゃるようです)(シンジ

昭和26年にオープン、ひな鶏を13種の香辛料で1週間煮込んだ名物ムルギーカリーが売りの老舗のカレー屋です。卵入りムルギ辛口を食べました。既にできてから来るらしく注文してから出てくるのが早いです。前に行った時はお婆ちゃんしかいなかったけど今度はママがいました。この前はたまねぎ焦げたような味だったような気がするけど今回はコクがあって旨かったです。静かで敗戦の日本を復興させてきた働き盛りの人間が癒しの場所で集っていたような雰囲気をかもし出します。平日も人は少ないながらも根強いファンはいるのではないでしょうか?この空間はレトロでたまらないです。渋谷の道玄坂のラブホテルを午後レイトチェックアウトした後、行ってみたらどうでしょうか?ここはある意味博物館。日本の歴史を肌で感じる事ができるかもしれません。(テルー

日に日に味がなくなっていくムルギカリー。どうやら、ばあさんの味覚はもう限界なのかもしれません。1000円もするムルギカリー。見た目は以前と全く変わらないけど、味はすでにカレーではない気がします。
しかし、ここは渋谷でも数少ない重要文化財。募金と思って、これからも通い続けるつもりです。(シンジ - 051024追記)

ムルギカリー

トラックバック 1 のトラックバックがあります。

October 13,2008
Fat-Diary

渋谷“ムルギー”
Fat-Diary 遂に訪問! 最寄:渋谷 電話: 03-3461-8809 住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-2 定休:金曜日 平日:11:45〜15:00 土曜:...

コメントフォーム

最新ニュースや更新情報などをお待ちしています。

コメントにつく名前です。必ず記入してください。

省略可です。アドレスを書いてもリンクされません。

リンクされません。カレーブメンバーがあとで見に行くかも?